Top > 現金化 > 携帯決済を現金化してお金を工面する方法

携帯決済を現金化してお金を工面する方法

月末や大型連休など何かと入り用になる時期に携帯キャリア決済を現金化してお金を工面するという方法があります。

お金を工面する方法としては一般的にキャッシングというイメージが強いかもしれませんが、クレジットカードを持っていない場合すぐに現金を手に入れることができませんし、金利もかかってしまいます。

一方、携帯決済を現金化する方法は、クレジットカードを持っていなくても利用できる方法で、どこもの携帯キャリア決済を現金化する場合には、バンドルカードというアプリを使って現金化する方法と、iTunesギフトを購入して現金化する方法の2つの方法があります。

 

バンドルカードにチャージして現金化する方法は、VISA機能がついたプリペイド式のカードで、アプリ状でのカードが発行できるという大きな特徴があります。

利用方法はバンドルカードをインストールし、ドコモの携帯決済でバンドルカードにチャージします。その後バンドルカードでAmazonギフト券を購入し、Amazonギフト券を売って現金化するという仕組みです。

バンドルカードのチャージは携帯決済以外にもクレジットカードやコンビニ、ネット銀行、ビットコインなどさまざまな方法で入金をすることができますが、今すぐに現金を入手したいという場合にはドコモ携帯決済を選択するとよいでしょう。

 

ドコモオンラインショップでiTunesギフトを購入して現金化する方法は、ドコモオンラインショップからiTunesギフトカードを購入し、買い取り店で現金化するという方法です。

 

ドコモケータイ払いは現在普及している携帯電話のほとんどに付帯されている機能で、このキャリア決済枠を利用して電子マネーへのチャージや通販で買い物などができる決済サービスです。

ドコモケータイ払いを現金化するには、こういったドコモケータイ払いを利用して購入した商品を買い取り業者に買い取ってもらい現金化することができます。

ただ携帯決済現金化の専門業者を利用した場合、換金率が低く6580%程度の換金率となってしまうため、仮に1万円分の携帯決済を現金化したとしても65008000円程度しか手にすることができません。

ドコモケータイ払いをより高い換金率で現金化する場合には、bンドルカードを使ってAmazonギフト券を購入するか、ドコモオンラインショップでiTunesギフトカードを購入することをおすすめします。

ドコモにはdカードプリペイドというプリペイドカードがありますが、このカードは申し込みをしてから710日ほどしないと手元に届きませんが、上記の方法ならすぐに購入することができますから、今すぐお金が必要だという場合には最適な方法といえます。

ドコモケータイ払い現金化

現金化

関連エントリー
ソフトバンクまとめて支払いのメリットはクレジットカード以上携帯決済を現金化してお金を工面する方法新幹線の乗車券でショッピング枠現金化
カテゴリー
更新履歴
ソフトバンクまとめて支払いのメリットはクレジットカード以上(2018年5月19日)
携帯決済を現金化してお金を工面する方法(2018年5月19日)
疲れにくくなるためのサプリメント(2018年4月10日)
アミノ酸で成長を促進させたいサプリ(2017年10月 7日)
相続の事前対策はどうすればよい?(2016年9月23日)